鷹の森BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 海水終了!

<<   作成日時 : 2017/03/12 11:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
震災から6年は海水開始から6年でもあります。

やめたいやめたいと思っていた海水がやっと終わりました。本来ならナガウニはもっと生きていたのですが、ちょっとした手違いで死なせてしまいました。
こんな経緯。
水温計が92℃を示している → ナガウニが水温計のセンサーをかじって中の銅線が露出している → ヒーターと水温計のセンサーを結束バンドで結んでいるため、ヒーターの電源を切る → 壊れた水温計を取り出す → 約3日後、ナガウニの針が元気ない → ヒーターの電源入れるの忘れてた → ナガウニ死亡(飼育日数881日)
海水作りや塩分濃度を気にするのなど、もう面倒でやっていられません。終わってよかったです。収入が減ったので、そんなに器具や人工海水も買えないし。

海水を始めたのが2011年3月初めでした。そう、東日本大震災の約1週間前です。無知な当時は無生体で1週間ほど水槽を回し、デバスズメダイを投入したら東日本大震災で停電、水温低下によりデバスズメダイ即全滅。それから計画停電があるということで、水温が下がっても死なない貝類(マガキ貝コイソ貝ヤドカリミックス)だけにしました。それから水質が安定してきて、再びデバスズメダイを買ってしばらく飼育していました。
絶頂期が60cm水槽で海水をやっていた頃かな。外部フィルターに約3万円の本格的な水槽クーラー(1年もしないうちに故障)、カクレクマノミも飼いました。今ならそんな数万円の水槽クーラーなんて買える余裕がない。

ということで、玄関の36cm水槽は再び淡水にします。夏仕様でテトラの外部フィルターと水槽クーラーを設置。自室の40cmフレームレス水槽で飼育中のミニブッシープレコをここに持ってきます。が、こいつら卵を頻繁に産み、1cmの稚魚を捕獲・引っ越しさせるのが大変なので、この水槽は1ヵ月ほど空っぽで置いておこうと思います。
ミニブッシープレコ親3匹と子アルビノをこの36cm水槽に。普通の黒い子・稚魚をリビングの90cm水槽に移動させる予定です。そして、5月のゴールデンウィーク辺りにネオンテトラを10匹ほど買います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海水終了! 鷹の森BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる